スポンサーサイト
--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
映像をクリエイトしたくなる
2006年11月29日






RESFESTが終わってからというもの、映像って楽しすぎるなー、と再確認しました。

上の映像はちょっと好きだったやつ

そして、人間はやればあそこまでできるんだなあと刺激がずさっと刺さったままです

あそこまでできる 

というのは

確実に楽しくないとできないわけです。

作品を作っていて困難や壁にぶつかって鼻血がでても、ゲロをはいても
それがなんだと、ゲロをはき散らして、壁をのぼってしまうような、
大きな衝動や、つくりたいと思うでっかい意志がないとできないのです。


とわたしは思います。


この前出会ったクリエイターさんも、本当に仕事が楽しいといっていました。
楽しくないクリエイティブな仕事なんて、絶対できん。と私も思います

25歳で、あれだけのものが作れたら、楽しいことがたくさん見えるのでしょう。
楽しいと、力が死ぬほどわくのは私も知っています。

壁をいっぱい超えんと 楽しさなんて分からんことも浪人時代から知っています。


今はとりあえずぶつかって行くしかないんやね
ぶつかりまくるパワーは持っています みんな持っているはずです


やっと 自分のクリエイター心が燃えてきました
やっぱり 人と出会っていく中で 得るパワーは大きいです
それは自分が突っ走るためのバネになります 
突っ走ってしまえば、知らずといろんな人が自分のまわりにもついてきていたりして

うんうん


いいねー いい






宣伝

12/4から大学院棟1階のギャラリーで私の組んだユニットMARUの相方、
亀井さんの展示があります。

私は、その展示のDMとポスターを作ったので、よければ見てやって下さい。



 
スポンサーサイト
  管理者にだけ公開する

トラックバックURL
http://kitaharakana.blog44.fc2.com/tb.php/81-e6e4e162

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。