スポンサーサイト
--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
もじーん もじもじ
2009年11月08日
mojin.jpg

こんばんわ。

今日は、東北沢という未知の地帯へと降り立ちましたよ。

あの、巨匠、大原大次郎氏の個展を鑑賞するためにー。

ザ・住宅街の中にたたずむギャラリーで、
ギャラリーというか、なんというか、
小さなお部屋というか、
2階にカクバリズムがあり、
3階に平野太呂さんの事務所がある、
なんかすげーうらやましい所でした。

もふー

展示はというと
大きい黒板にチョークで書かれたたくさんの文字。
もじー!もじまみれ!もじ地獄!もじ太り!!もじ御殿!


彼の文字は、記号的で情報を伝えるための文字、というより、
言葉という生きた音を持っている文字だなあと思った。

すごく人間くさくて、うらやましかった。


でも、やはり、気になったのは、彼が中学のときにつくっていた、
新聞を再構築したものでしたね。これ相当おもしろかったよね。

これが最近話題の、ZINEていう、手作りの小さい本というか冊子というかで
以前販売したやつなのですが、ものすごい熱量です。

この、熱感がぐっときたのです。あつーい!!あつーいよー

かっこいいタイポグラフィーとか、
バッキバキのいけてるグラフィックデザインとか、
なんかそういうのがどうでもよくなってしまった。

自分が今一番聞いてほしい出来事とか、
めちゃめちゃ衝撃をうけたこととか、
そりゃあもう、悲しすぎた体験とか
鼻水が足れるほど、どうでもいいギャグとか、

そいういった今の自分を、
思いのまま衝動的に、
何かにきざみつけて、
残していくことに、
すごく興味がわいた。

今を残していく行為自体にすごく意味があって、
その表現方法も、クオリティも、何でもいいなと思った。

写真でも、文章でも、絵でも、何でもいいな。

でも、自分の中で、文字がすごく気になるなあ。

実際、家で鉛筆をもって描くのは、
絵よりも文字の方が圧倒的に多いし。

ちょっと何か新しいことをやりたくなりました。

ちょうど、いろんな仕事も一段落したので。



今日は何か、自分を考え直すいい日でした。

もやーん


そして、最後に、できたてほやほやのZINEを1冊買って帰りました。
文字採集ですって、素敵。




スポンサーサイト
僕もmozine買ってきたよ。僕は、29(肉)番目を買いましたよ。大原さんいい人でした
2009.11.12 03:19 | URL | tac | 編集

  管理者にだけ公開する

トラックバックURL
http://kitaharakana.blog44.fc2.com/tb.php/387-da16ebaa

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。