スポンサーサイト
--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
椎名林檎
2008年03月11日
DSCN1116.jpg


ラフォーレ展が終わって、やることがまた山積みだけど、
昨日は風邪がぶり返しそうだったけど、ビールを飲んだ。2杯だけど。
デンマークのビールの父らしい、おいしいビール。

大切な打合せだったけど、
いろいろなお互いの想い出の話も、音楽の話もいっぱいした。
恋の話までしてしまった。もちろん仕事の話もしたよ。
そして、椎名林檎の話になって、

彼は、
「椎名林檎の愛妻家の朝食という曲がすこぶる良い!丸の内サディスティックに並ぶほど良い!」
と言っていて、私はすぐ、
「ああ、真夜中は純血のカップリングか!!」と分かったのだけど、
あまり、そのころの椎名林檎はどっぷり聞いていなかったので、
聞いてみよう!と思って今聞いているんだけど
(椎名林檎のCDとビデオは家にはばっちり揃っているので)
何か、すごく椎名林檎のよさがどっぷり入っている曲だ、と思った。
音がとっても美しいし、やっぱりピアノがいい。
ドラムのスネアの音がすこーっと入ってくるところとか気持よい。
アコーディオンの音で完璧にやられます。

私の音楽の原点は、椎名林檎だなと最近確信しました。

「無罪ムラトリアム」の5曲目、「茜さす帰路照らされど」を上回る曲は無いです。
間違いないです。


スポンサーサイト
  管理者にだけ公開する

トラックバックURL
http://kitaharakana.blog44.fc2.com/tb.php/275-5ad819b6

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。