スポンサーサイト
--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
HIGH5 -- projector
2007年12月02日
UNIQLOUIQLO.jpg


projector 彼らは、デザイナーではなく、
「プロジェクトを形にする」 人たち。

私は、projectorを今回初めて知った。
ユニクロのウェブに革命が起こった!と思ってから、だいぶん立ったが、
この人たちの仕掛けたことだったとは、知らなかった。

最近のユニクロのプロモーションで、
ポスター広告や、CMではない、
WEBにおける、プロモーションという考え方に、多くの人たちがより一層関心を持った。
WEBプロモーションは、現在、最もマスな人たちに向かって発信できるメディアであり、
ユニクロのプロモーションで確かな手応えを感じた、と彼らは言っていた。

YOUTUBEやブログパーツ、といったメディアを巧みに使用し、
ユニクロのHPへのアクセス数をあげることに成功した、彼らの方法論は本当にスゴいと思った。

MIXPLAYはモンスターフィルムスと手がけた作品。
この会社、かなちゃん行くんだよなー。すごいすごいぞー!興奮!

このロボットダンスをやっている人たち「無名(ウーミン)」は、
ものすごく苦労して、ようやく発見した人たちだったようだ。
何かを探し求めている時、ずっとあきらめず探し続ければ、
偶然にも幸運はやってくるものなんだぞ、って言っていた。 

「無名(ウーミン)」は息抜きに行ったキャバクラで
仲良くなったおねえちゃんの知り合いだったそうだ。
本当に偶然。 笑


UNIQLOCKはキャビアの児玉さんと手がけた作品。
5秒間ずつ、数字と人間が踊る映像が切り替わる。

この5秒がとても効果的だったという、もうちょっと見たくなる、計算されたこの5秒の切り替え。
綿密に絵コンテを書き込むという、児玉さんだからこそ出来た。と言っていた。

リズムに合わせて時を刻む時計、
リズムに合わせて踊る人。

正確なコンテがあってこその映像。
児玉さんのPVを見ていても、綿密に計算されてつくられたセットや、役者の演技には
いつも驚かされる。そして、UNIQLOCKも、ものすごい魅力があった。

このウェブバナーは、全世界のブログパーツとして、たくさんのブログに貼られることで、
たくさんのひとのブログの中で、ユニクロを広告してしまう。という試み。

確かに、ウェブサイトやミクシィなどでも、バナー広告というものはよく見かける、
でも、ブログに広告を持ち込む、という考えから、ブログパーツとして広告を配布する、
UNIQLOCKができた。

UNIQLOCKをブログパーツとして使用したブログは、ユニクロのサイトからリンクが貼られる。
全世界でどれだけの人たちがブログパーツとして使用したかが、
マップとして表れ、その一つ一つのブログのURLがドワーっと出てくる仕組みだ。

ウェブをやっているのは中村勇吾だと思うけど、
本当にユニクロのウェブはかっこいいんだなあ。


ちょっと疲れたので、また明日かきます。

つづく
スポンサーサイト
これ見て、昨日話してたペットの話とかとかぶるかも
http://ameblo.jp/princess-tenko/
2007.12.05 13:11 | URL | tact | 編集

  管理者にだけ公開する

トラックバックURL
http://kitaharakana.blog44.fc2.com/tb.php/221-0cbaf099

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。