スポンサーサイト
--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
黒川知希×小田島等×古屋蔵人
2007年03月24日
2027.jpg



サブカルチャーという言葉は古いのか、ださいのか、かっこいいのか、
下北なのか、なんなのか、サブってそんな扱いひどいじゃないか
と思いながら夜道を帰ってきました。

ミッドナイトアワー グッドナイト かんちゃんです


先日、黒川知希さんから、「2027」という本が出るんで、
ナディッフでトークショーありますけえ、どうぞ遊びに来て下さい。
というメールをもらった私は、今日そのトークショーなるものに行ってきました。


挿画:黒川知希  物語:小田島等  編集:古屋蔵人


というなんともおもしろくなりそうな本だなあと思っていたんですが、
今日実際に手に取って見てみると、予想以上によかったですねー。
本とか印刷とか紙とか好きな人は、さらにグッとくると思いますよ。
黒川さんの絵もかなりいい感じです。


さらに、コラムもたくさんの人が書かれています


宇川直宏 根本敬 湯浅学 森本晃司 ECD(石田さん) 
世界で初めてゲームの攻略本をつくった何とかさん


ってなんで私は宣伝しているのか、なぜかよくわからないんですが、
とにかく、今日のトークショーも本も予想以上によかったんですね。



宇川直宏の奥さんの実家が宮崎で、そこで飼っているわんちゃんを
たまたま通りかかった東国原(そのまんま東)にだっこしてもらって撮った写真を
林家ぺーが携帯にはっててっていう、全く本に関係ない話。

明治維新の時代に、お前は林だ、とか、お前は山田だ。とか、農民は勝手に名前を
決められていたっていう、全く本に関係ない話。

老人力の話。小田島さんは右翼だとかいう話。上海は六本木だという話。

そんなお話が1時間半。
私の脳みそに、また線がきざまれたのでした。






そして、黒川さんがわたしのフルネームを覚えていてくれたのがちょっとうれしかったです




でわでわ

ミッドナイトに失礼しました



スポンサーサイト
ぼくもタワーのサイン会に行って小田島さんのサイインをいただきました。
2007.03.27 16:05 | URL | tact | 編集

  管理者にだけ公開する

トラックバックURL
http://kitaharakana.blog44.fc2.com/tb.php/118-d20f889d

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。