スポンサーサイト
--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ゆーすとりーーーーーーーーーーむ
2010年04月25日
たった今、阿佐ヶ谷ロフトで友達が、
ラジオ公開放送をやっています。
ユーストリームでワールドワイドな展開になってます。

ごいすー!

この人たちを知らない人も楽しんでいるのかしら?
世の中ごいすー!

いつでも聞けないインターネットラジオ!「ほうかご実験クラブ」というやつです。

ここから、みれるんだぜー




スポンサーサイト
ビバ 永福という土地
2010年04月22日
来月の頭に、
ガリガリガリクソンと、対極にあるような人間、
多摩美と造形を行き来した男、
やっさんが、家のかなり近所に引っ越してくる!

かなり、わたくしごとですが、
これは、かなり熱い情報です!


すげー大事な友達が、
じぶん家の近くにすんでるというのは、
大学時代に、実家から通っていた私にとっては、
初めての経験であり、
とってもテンションがあがるのです。

会社の帰りに、一緒にご飯たべたりできる幸福。

あついわ~。


ということで、ひとまず、書きつづります。




検索少年
2010年04月17日
kensakushounen__kensakushounen.jpg


今日、ちゃんといえば、昨日になるんだけれども、
4月16日、
七尾旅人が、新曲を出したのだった。


しかも、曲の販売方法が、
まつきくんの一億年レコードのように、
アーティスト直売という方法。
直に、七尾さんから届きました。
ダウンロードして、今聞いています。
すごくいいです。



ものを作る人、つくったもの、それを受け取る人

その3つが、すべてをを介してつながっていくことは
すごい気持ちいい。すごい理想的。



私は、雑誌をつくっています。
デザインをして入稿すれば、
知らないうちに本になって、
コンビニにも大きい本屋にも、小さい本屋にも、
少し待てば、古本屋にも勝手に並んでいる。


誰が買ってるかは知らないけど
自分のつくったページを読んで、
何かしら、思っているんだろう。

どれだけの人が興味を持ってくれたかどうかは、
刷った数に対する、書店からの返却数で計算したパーセントで、
売り上げという形で、自分、というか会社に帰ってくる。

自分には何も返ってきてないなあ。
だから、なんか、自分のやってることにピンとこない感じがすごい。
つくったものに対しての、愛情がすこぶるないです。

入稿データを送った瞬間から、
もはや、私はそのものに対する責任を手放して、
あとは誰かが本にしてくれるのを待ってる。

一週間たったら、本は立派に出来上がってる。

週刊誌の徹底分業!恐怖!

何でも知りたいし、何でもやりたい。
カメラマンと同行して撮影したいし、
もっと編集のことも考えたい。
印刷所にも足を運びたい。
って、ずっとおもっているけど。

でも、今の仕事ではとうてい無理な話。
時間をかけて、いろんな役割をかけもちしてたら本にならない。

とにかく、レイアウトを何ページも毎日やってる。

たぶん、自分は大きい会社(といっても、そんなに自分の会社は大きくはないが)には向いてない。
(まあ、そんなこと、みんなに言われてきたことだけど)


大きい仕事はできるし、
どこでも買えるようなものはつくれてるけれど、
大事なことを忘れそうになる。

自分がものを作る意味を失ったら、
もはや、うんこちゃんです。

だから、まつき君とか見ていると、
ぶるぶるっと、なって、
いろんな可能性にぶつかってきたくなる。

自分が本当にいいと思うことを伝えたいし。
自分が本当にいいと思うものをつくりたい。

今まで2年会社で働いて、
こういう考えは生まれるべくして生まれたと思っているので、
自分に何ができるか、こっそり考えつつ、
ぼぼぼーんと吐き出そうと思います。

ちなみに、こんなこといいつつも、
毎日けっこう楽しいです。



話は戻りますが、七尾旅人先生の新曲これを書いてる間に10回はきけました。
Salyuの声がきこえました。
ぴぽぱ をいい感じにリピートしてました。
みんなも聞いてみるといいよ。














KAIKOO POPWAVE FESTIVAL '10
2010年04月09日
今週末は、ついにKAIKOO FESだ!!
うれしいなーうれしいなー。

私のお友達ちゃんは、みんなこぞって行く模様。

私は、11日に行きます。
七尾旅人の洗礼をうけて、ジュリアナのセンスで踊ってきます。
(私が七尾旅人のライブをみるとき、たいていジュリアナのセンスを用いて彼は踊るのであった)

なんか、いろんなところの音楽に属する人たちが出演するっぽいので
新しい良い出会いがあることを祈りながら
吐くまで踊ってきます。

あたたかさよ、来れ


パラレールー
2010年04月08日
46ca8cbbce54a6d786654002f790eb8b_400.jpg46ca8cbbce54a6d786654002f790eb8b_400.jpg46ca8cbbce54a6d786654002f790eb8b_400.jpg



こんにちわ。
おなかがすぐに痛くなっちゃう人です。

いやはや、ここ数週間で、
横にすんでいる大家さん(80過ぎのオババ←ボケてるけどいい人)
が、急激にボケの境地を迎えてしまい、
毎日5・6回は、家に訪問しにきては、
「最近会ってないけど~」を連発!!!
朝の5時半に、ピンポンダッシュまたは、ピンポン連打!


わ!これは!

もしや、「答えてちょ~だい」の
「ボケおばば・おじじに困っちゃってる人」代表として、
お手紙送っちゃう級!!!


少しばかり、がまんしたものの、
おさまる気配もなく、地球規模のボケがおこり始めました。

夜中の12時に警察が家にきて、大家さんから
「空き家に人がいるんです~。おそろしや~」
って通報があって、少しばかり、お宅を包囲したんですが、
といって、警察が家に突撃するという、奇跡の事件も勃発!

昨日は、ばあちゃんが、
家の水道と電気とガスを止めるという、
警察に通報しちゃてもよくねぇ?レベルに発展!!

ボケの最高潮レベルを体感!!!!した私!!


ボケの初体験により、
多くの恐怖と不安と奇跡を感じた私ですが、
猛烈におこったりすることもなく、
すべて、笑顔で、毎日オババに対応していました。

ゆえに、大きなトラブルもなく(いや、かなりあったが)
オババは隣の家から引っ越し、
さまざまなお詫びとして、
商品券とおせんべいを献上され、
今日から、平和ボケの毎日がもどってこようとしています。

にしても伝説的な2週間だった。

いろんなことが、実際手につきませんでした。

でも、今日からやっと満面の笑みでお絵描きできます。

私もボケないように、手の指をくるくるまわす体操しないと。








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。